December 2018
IBLCEは世界母乳育児共同体(Global Breastfeeding Collective)に参加したことにより、WHOコードに対するコミットメントをさらに強化します
前版のIBLCEブリーフィング2020年8月版 および2018年2月版)にてご報告しました通り、ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会®(IBLCE®)は母乳代用品のマーケティングに関する国際規準(WHOコード)およびそれに続く決議に対するコミットメントをさらに強化します。
 
IBLCEは、影響力の大きい世界母乳育児共同体のメンバーになったことにより、近年、WHOコードに対するコミットメントをさらに強化しています。共同体のミッションは以下の通りです。
「政治的、経済的、社会的支援を促進し、母乳育児プログラムを拡大させること、そして開発のみならず人道支援や人権を含むより幅広いアジェンダで、世界、地域、国レベルで法的支援措置の適用を推奨する。つまり、進捗を加速化させ、完全母乳哺育率を2025年までに少なくとも50%までに増加させるというWHA世界目標を満たす、またはそれを超えることを目的としている。」
世界保健機関およびユニセフをはじめ、セーブ・ザ・チルドレンや世界銀行などの組織先導する、知名度が高く影響力の大きいグループのメンバーになれたことを大変嬉しく思っています。 
 
本共同体は多岐にわたる活動を行っており、その中でも世界母乳育児スコアカードを用いた7つの政策措置および母乳育児実施の国ごとの追跡調査を世界規模で継続的に行っています。
 
今後、IBLCEブリーフィングおよびIBLCEのウェブサイトで世界母乳育児共同体の取り組みに関する最新情報を共有できることを楽しみにしています。
 
WHOコードを支援するIBLCE独自の活動に関する進捗情報については、以下の記事をご確認ください。
継続教育認定単位(CERP)
プロバイダープログラムに関する最新情報
IBLCEは、WHOコードおよびそれに続く決議の目標を推進する方法に引き続き焦点を置いていきます。2020年8月のIBLCEブリーフィングで発表し、2021年2月11発行のIBCLC認定資格取得基準および資格更新に関する助言的意見にて更新情報をお伝えしました通り、IBLCEは、IBLCEのWHOコードに対するコミットメントを強化するために、資格取得基準および資格更新要件を改訂します。IBLCEは2022年以降、製品が母乳代用品のマーケティングに関する国際規準(乳児用ミルク、哺乳瓶、乳首など)の対象となる企業から取得したいかなる教育単位についても認定取得または再認定取得の単位として認めないこととなりました。 
 
ブリーフィングにてご説明しました通り、IBLCEは継続教育認定単位(CERP)プロバイダープログラムをこの新しい要件と照らし合わせて確認しています。また、このプログラムへの影響に関する情報およびガイダンスを今後数か月以内にお知らせする予定です。
 
また、CERPプロバイダープログラムを今後数か月のうちに移行させるため、2022年1月1日の時点で短期または長期CERPプロバイダーの方々に世界保健機関(WHO)の母乳代用品のマーケティングに関する国際規準およびそれに続く世界保健総会(WHA)での決議をご支持いただくようお願いする予定です。この移行に関する詳細については、今後数か月のうちに発表することを計画しています。
 
これらに加え、受験者の方々がこの新しい要件を満たすのに役立つよくある質問またはFAQをIBLCEウェブサイトに追加しました。追加された質問には、以下の質問が含まれます。
すべてのIBLCE言語でご確認いただくこともできます。該当する言語ページのよくある質問をご確認ください。
新型コロナウイルスに関する安全衛生について
この厳しい状況が継続する中、IBLCEIBCLCがグローバルヘルスの進歩に重要な役割を果たしていることを高く評価しています。パンデミックが緩和されている場所がある一方で、新型コロナウイルスは引き続き世界全体の問題であり、状況は依然として流動的です。新型コロナウイルスの予防策については、IBLCEは、IBCLCに継続的に現地のガイダンスおよび保健当局に従うよう推奨しています。
9月に受付が開始されるIBCLC引退ステータス申請について
引退後もIBCLC®コミュニティとの関りを維持する方法をお探しですか?IBCLC引退ステータスは2021年に新たに設けられたもので、これによって引退したIBCLCがIBLCEとの関りを保ち、IBCLCとしての業務年数を称えることができます。この新しいステータスの申請が2021年9月に開始します。
 
認定の期限がすでに切れている前IBCLCの方についても、この新ステータスに申請していただくことが可能です。このステータスは、2010年から2020年の間に認定期限が切れ、良好な関係を維持していた方を対象としています。 
 
詳細については、こちらをクリックしてください。ご興味のある方は、9月の申請開始に関する情報を確認するようにしてください。
2021年9月実施予定IBCLC試験の受験者の皆様:
IBLCEウェブサイトのリソースをお見逃しなく!
この継続する流動的な状況下で実施されるIBLCE 試験の選択の手助けとなるリソースをIBCLCウェブサイトで提供しています。皆様それぞれの状況に合った最適な選択をお手伝いするために、これらのリソースを提供しています。
 
2021年に資格取得を目指している場合、または期限切れになるため2021年実施の試験で再認定を受ける必要がある場合は、これらのリソースに必ず目を通すようにしてください。
知的財産がIBCLCにとって重要な理由
知的財産とは、通常、知的活動によって生み出されたアイデア、創造物、プロセスのことです。
 
なぜ重要なのか?知的財産が重要な理由はいくつかあります。知的財産は基本的に創造者によって定義され、創造者に関連するものとして意味を持っているため、重要になります。
 
ご存知の通り、IBLCEは商標やIBCLC試験などの知的財産を所有しています。商標には、文字、フレーズ、デザイン、もしくはそれらの要素を組み合わせたものなどがあり、これらは、商品またはサービスを識別し、それらを他の商品またはサービスと差別化し、商品またはサービスの提供元を示します。
 
International Board Certified Lactation Consultant(国際認定ラクテーション・コンサルタント)およびIBCLCの指定は、IBLCEが所有しています。これらの言葉は、母乳育児ケアの素晴らしさ、IBLCEとの関連性、そして総合的な資格要件、プロフェッショナル認定試験、厳しい資格更新要件、IBCLCプログラムのプロフェッショナル行動規範への準拠に関するIBLCEによる定義を表しています。これらの言葉から熟練したラクテーションケアを連想させる消費者と資格取得の目的および厳しい要件を満たしたラクテーションのプロフェッショナルの両者を保護するために、IBLCEはこれらの言葉の使用方法を慎重に定めています。IBLCEは、金融投資を行い、これらの言葉に対する法的権利管理をサポートすることで、インテグリティやそれらの意味の価値を保護しています。
 
これらの言葉の適切な使用方法は、IBLCEの商標使用指針およびIBCLCのプロフェッショナル行動規範により規定されています。
 
お問い合わせがあったため、下記に商標の適切な使用方法および不適切な使用方法を記しています
例1:
名前、IBCLC
IBCLC資格を保持し、良好な関係を維持している個人を意味するために使用するのは、正しい使用方法です。
例2:
スタンフォードラクテーション診療所、IBCLC
[架空名前]
誤った使用方法です。IBCLCは、個人に関してのみに使用するためのものです。
例3:
www.breastsareusibclc.com
[架空名前]
2つの点で誤った使用方法です。まず最初の点は、個人に関連していない点です。2つ目の点は、「Breasts Are Us」は、IBCLCが所有している言葉ではないため、適していない点です。
例4:
ソーシャルメディアグループが「_____市の将来のIBCLC」という名前を使用しています
誤った使用方法です。IBLCEの商標使用指針では、IBLCE資格要件を満たし、IBCLC試験に合格し、IBCLC認定を保持している個人のみが、本マークを使用することができると記載されています。
例5:
現在のIBCLCが、名刺に自分の名前とともにこのロゴを使用しています。
IBCLC商標使用指針に従った正しい使用方法です。
例6:
現在のIBCLCが、名刺に自分の名前とともに以下を使用しています。
IBLCEの企業ロゴであり、IBLCEからの書面による許可なしに第三者が使用することを認めていないため、誤った使用方法です。
IBLCEの商標の使用方法に関するこれらの新しい例をウェブサイトで紹介しており、定期的に更新しています。  
IBCLCたちとつながりたいですか?
広告の機会についてお問い合わせください
世界125ヵ国に33,400名以上のIBCLCが存在するIBLCEは、ラクテーションの分野で世界最大の名簿を保有しています。IBCLCに関連する会議を宣伝したい方向けに、IBLCEでは現在、厳選して広告とマーケティングリクエストを募集しています。メーリングリストのオプション(地域/国別)および費用については、IBLCEブランド&コミュニケーションマネージャーまでお問い合わせください。IBLCEはIBCLCの情報を第三者と共有することはありません。IBLCEは、IBCLCにご興味のある方に向けて情報を提供しています。
 
掲載する予定のすべての広告に対して、WHOコードおよびそれに続くWHAでの決議に準拠していることを証明する必要があります。
 
IBCLCは、IBLCEによって広まった第三者による広告の通信をオプトアウトする権利を有しています。受信者にオプトインが義務付けられる一部の地域では、広告の通信はまだ利用できない場合があります。
ソーシャルメディアでIBLCEをフォローしてください